Schecter 特集/コラム

【スペック&価格ガイド】Schecterの歴史と特徴を画像付きでまとめて解説

更新日:

【スペック&価格ガイド】Schecterの歴史と特徴を画像付きでまとめて解説

突然だがあなたの知っているSchecterはどの時代のSchecterだろうか?

現在のSchecterと言えばESPなどに代表されるロックギタリスト御用達ブランドのイメージが強いが、往年のファンの方であれば古きフェンダースタイルを踏襲したカスタムブランドと思い浮かべるかもしれない。

今回紹介するブランド「Schecter Guitar Reserch」はまさに激動のギターメーカーである。

この記事では「Schecter Guitar Reserch」の歩みや特徴、現代における代表的なモデル、さらに価格相場にまで言及し解説していく。少々長くなるが最後までお付き合いいただけたら幸いである。

Schecter Guitar Reserchの歩み

Schecterの始まり

Schecterの始まり

※1

1976年、創始者であるデビッド・シェクター氏がカリフォルニア州ヴァンナイズにリペアショップとしてシェクター・ギター・リサーチをオープンしたところから始まる。

少数のスタッフからなる工房であったが、この頃は塗装前のボディやネック、ピックアップやアッセンブリに至る電装パーツ、ブリッジなどの金属パーツの製造を行う下請け会社としてFenderやGibsonなどの大手メーカー、ペンサやサドウスキーなどの有力カスタムショップにパーツを供給していた。

カタログ

ライセンス契約とオリジナルギター

78年にはムーンギターズとライセンス契約を結び、当時Schecterのビルダーであったトム・アンダーソン氏がボディ、ネック、ピックアップを設計、日本のPGM工場で組み込みを行うシェクターブランド日本製モデルの製造が開始される。

そして1979年、満を持してオリジナルのギターが発売されると限られた小売業者にしか出荷されないほどの少量生産であったが、その高いクオリティからザ・フーのピート・タウンゼントやダイアストレイツのマーク・ノップラーなど様々なギタリストに愛用されることとなる。

ドリームマシン

シェクター工房はフェンダースタイルを踏襲するカスタムショップとして確実にファンを獲得していたが山のようなオーダーに供給が追い付かなくなっていく。

大量生産の始まりと衰退

1983年には名声に目をつけたテキサスの投資家グループに買収され大量生産路線へ舵を切ることとなる。この出来事がその後のシェクター工房にとって大きなターニングポイントとなった。

創業者であり社長であったデヴィッド・シェクター氏は解雇されることとなり、質にこだわる職人気質の従業員はSchecterを離れていく。その中にはトム・アンダーソン氏も姿もあった。

Tom Anderson Guitarworks
【スペック&価格ガイド】Tom Anderson Guitarworksの歴史と特徴を画像付きでまとめて解説

Tom Anderson Guitarworks。1980年代中期にガレージメーカーとして生まれ、CADルーターを使用した高精度な加工、バズフェイトンチューニングシステムやオリジナルピックアップなど、 ...

続きを見る

ムーンギターズが展開していた日本製シェクターは、この買収がきっかけで「シェクター」と名乗ることができなくなったが、独立したトム・アンダーソン氏と新たに契約しトム・アンダーソン・ジャパンブランドとして1987年まで存続した。

1984年に非公式ではあるがピート・タウンゼントモデルを製作、またイングウェイ・マルムスティーンとのエンドース契約など表立った動きはあったものの有能な社員たちを失った損失は大きくクオリティの高い製品は生産できなかった。

結局このテキサス時代も5年足らずで幕を閉じることとなる。

現在へとつながる2度目の売却

1987年にテキサス投資家グループは会社を売却、新たにオーナーとなったのがESPのオーナーでもある渋谷尚武氏である。

Schecterはここで元来のフェンダーライクなギターを少数製造するカスタムショップへと戻り、製作される楽器は後にシェクターの社長になるマイケル・シラヴォロの店を含む数店の小売店でのみ入手可能となった。

そして1996年にはマイケル・シラヴォロ氏が社長へと変わり、元々ミュージシャンであった彼はストーン・テンプル・パイロッツのロバート・ディレオやホワイト・ゾンビのジェイ・イェンガーとショーン・イスルート等数々の有名ミュージシャンたちとのエンドース契約を結んだ。

現在に続くハードロック、ヘビーメタル色の強いラインナップはこの頃から始まる。

アメリカと日本、2つのブランドへ

ロゴ

※2

渋谷氏がオーナーとなった1990年代頃からESP日本法人の元、再び日本市場向けに純国産シリーズのシェクタージャパンを開始する。

主にディンキーボディを採用し、トム・アンダーソンとコラボしピックアップ供給を受けるなど高級ライン製品も売り出していたが、現在は東海楽器製造のOEMによる10万円代のギターとグループ会社のESP製造による30万円代の高級ラインを展開している。

こうしてUSA製Schecterはアメリカ市場に向けたハイエンドギターのカスタムショップへと原点回帰し、シェクタージャパンはESP法人が手掛ける別ブランドとなったのである。

人気モデルを紹介

現在の「Schecter Guitar Reserch」はUSAとJapanがある上に様々なグレードやラインが存在しているためすべてをここで紹介することはできない。

そのためここでは主に国内で多数流通している日本製の人気モデルを紹介していくことにしよう。

EX Exceed

 

EX Exceed

※3

「理想の完成形」とSchecterが謳うフラッグシップシリーズであるExceed。

ディンキーシェイプのボディにHSHピックアップレイアウト、フロイドローズトレモロが採用されたモデルが主で、CTMモデルは4Aグレード以上のフレイムトップとなっている。

また木目を十分に堪能できるガード無しや、渋みのあるスワンプアッシュの木目が生かされたモデルもラインナップされている。

Rexy

Rexy

※4

Schecter Japan初となる次世代セットネック&アーチトップモデル。

鋭さと丸みを併せ持った独特なアーチド加工はフィット感も考慮されて設計されており、ネックジョイントにはウルトラアクセス4ボルトというシェクターオリジナルのボルトオン構造をセットネック仕様に応用、スルーネックのように滑らかなジョイントはストレスを感じる事無くスムーズに演奏する事を可能にしている。

2Hレイアウトに24フレットジョイントがデフォルトとなっており、チューン-O-マチックブリッジとトレモロありが選択できる。

AC-TK-TE/SIG

AC-TK-TE/SIG

※5

型番にある通り凛として時雨のギターボーカルTK氏のシグネチャーモデルだ。

TK所有のノーブランド製ストラトキャスターを基にした極太ネックグリップ、暗いステージでの視認性を考慮した蓄光のポジションマークなど様々なこだわりが盛り込まれており、ピックアップはフロントにMonster Tone、リアにSeymour Duncan STL-1が搭載されている。

本人が以前メインとして使用していた楽器をモディファイするところから作り上げてきたこのモデル、「今やこの楽器なしで時雨のサウンドは作れない」と本人たちに言わしめた楽器に仕上がっている。

AC-LT-KK/SIG

AC-LT-KK/SIG※6

日本を代表するインストバンドLITEのギタリストKozo Kusumoto氏のシグネチャーモデル。

ジャガータイプのオフセットボディに25.5インチのロングスケールネック、シンクロナイズドトレモロを搭載した個性的なモデルだ。

ピックアップ構成は3シングルでSchecterオリジナルピックアップのChicken Shackが搭載されており、1弦側カッタウェイ部分のコントロールで各ピックアップのon/offが可能だ。

Schecterの特徴的なパーツ群

ブラックパーツ

ブラックパーツ

※7

まず紹介しなければならないのがこのブラックパーツだ。

今となっては様々なブランドで採用されているスタンダードスペックとなっているが、その起源はSchecterであったのだ。そう、この精悍で男らしい印象のブラックパーツは美しい杢やカーブを引き立てる1つのファクターとなっている。

オリジナルピックアップ"モンスタートーン"

オリジナルピックアップ"モンスタートーン"

※8

ルックスとサイズは通常のシングルと同様なのだがハムバッカーをしのぐほどのパワーを持ち、コイルタップも可能となっている(Non-Tapモデルは除く)。

ポールピースにマグネットを使わずに鉄芯のポールピースの下に板状のフェライト・マグネットを貼ったアンダー・マグネット方式を採用することによりハイポジションでの演奏時などにも磁力で弦が引っ張られることなくクリアなサウンドが得られるのだ。

オリジナルペグ

オリジナルペグ※9

6連ペグヘッドスタイルの楽器にはストリングポストの高さに変化をつけたペグが搭載されている。

これによりストリングガイドに頼らなくても弦がナットから外れる事がなくなり、ストリングガイドにかかっていた摩擦をなくす事ができるためチューニングも安定する仕組みだ。

スーパーアジャストシステム

 

スーパーアジャストシステム※10

通常ネックを外さないとできないロッド調整をネックジョイント部のホールからできる設計で、ネックの着脱によるジョイント部へのダメージの軽減やコンスタントにネックコンディションをコントロールできる。

知る人ぞ知る名器「ヴァンナイズ・ヴィンテージ」

知る人ぞ知る名器「ヴァンナイズ・ヴィンテージ」

1979カタログ写真

1979年から1983年の買収以前に製造されていたモデルは当時のシェクター工房のあった地、カリフォルニア州ヴァンナイズにちなんで「ヴァンナイズ・ヴィンテージ」と現在は呼ばれている。

当時は主にフェンダースタイルを踏襲したカスタムブランドとして機能していた。木材の組み合わせや独自パーツなどこの頃のシェクターモデルは個性が際立っている。

ヴァンナイズ・ヴィンテージ

トム・アンダーソン氏をはじめとしたギター職人たちが利益無視でその情熱を一身に注いでいた4年間。ごく僅かな期間のみ製造された少数のモデルは現在では知る人ぞ知る名器として確かな評価を獲得している。

ラインナップや価格による品質の差は?

ここまでで激動の中時代や生産国を超えて多種多様なラインナップを輩出してきたことを実感いただけただろうか。

USAの中ではもちろん買収前後で大きな品質差があり、店舗によっては倍ほどの差がつけられている場合もある。

しかし国産のモデルに関しては比較的価格による品質差は少なく、一番の差はルックスにあると思っていただいても過言ではないであろう。

アーティストモデルも多数製造しているメーカーなだけあって実機と完全に同じものを手に入れたいという思い入れのあるユーザーにはもちろんフラッグシップをお勧めするが、こと音やプレイヤビリティに関してはそこそこ同じレベルにまで近づけて製造されているためビギナーにはかなり良き選択肢となってくるだろう。

Schecter Guitarの価格相場

1979年から1983年のヴァンナイズ・ヴィンテージについては現在ではほとんど入手困難となっている。市場に出回るのはごく稀であり状態の良い個体であれば30-40万程度の中古価格となるが回転が速いため気になる方は海外市場も含めて入念にチェックすることをお勧めしたい。

80年代後半から現行モデルまで非常にモデル数が多く新品時の価格にばらつきがあるものの、ある程度グレードの高いモデルであっても中古市場では新品価格の半値くらいと比較的安価で出回る傾向にあるようだ。

他のブランド、特にESP系ブランドに多いのだが、新品時に高額なモデルであっても音やクオリティにそこまで差がなく安いものと型番のみで区別ができないユーザーたちにも購買意欲を持ってもらうため、このような中古価格の崩壊が起こることが非常に多い。

買取価格はかなりシビアである。大手楽器店であるイシバシ楽器の買取価格を例に見てみると、

モデル

定価

買取価格
EX-24-STD(Exceed) ¥370,000 美品¥72,000
RX-24-CTM(Rexy) ¥730,000 美品¥149,000

是非これからシェクターの楽器を購入される方はまず中古市場をチェックすることを強くお勧めしたい。新品を購入される方は中古買取時の値段を念頭に置き、後悔なきよう相棒を選んでいただきたい。

EX Exceed
Schecterのアイテムを今すぐチェック

※1~10 画像© https://schecter.co.jp/

参照サイト Schecter Guitar Reserch公式Webサイト

【スペック&価格ガイド】Tom Andersonの歴史と特徴を画像付きでまとめて解説

Tom Anderson Guitarworks
【スペック&価格ガイド】Tom Anderson Guitarworksの歴史と特徴を画像付きでまとめて解説

Tom Anderson Guitarworks。1980年代中期にガレージメーカーとして生まれ、CADルーターを使用した高精度な加工、バズフェイトンチューニングシステムやオリジナルピックアップなど、 ...

続きを見る

-Schecter, 特集/コラム
-

Copyright© GB-PriceGuide , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.